活性酸素には、良いものと悪いものがある!

活性酸素とは、呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部が変化したものです。

活性酸素は、ガンや生活習慣病、老化促進等、さまざまな病気の原因であるといわれています。

しかし活性酸素は、良いもの(善玉)と悪いもの(悪玉)の大きく2つの種類に分けられることが動物実験によりわかりました。(第78回 日本生化学会より)

侵入してきた細菌やウィルスと戦う善玉の活性酸素

神経伝達、血管新生、精子形成、免疫機能、ガンへの防御、侵入してきた細菌への攻撃

種類・・・スーパーオキシドラジカル、一酸化窒素、過酸化水素など

 

悪影響を与えると考えられている悪玉の活性酸素

老化の原因や多くの老年病、生活習慣病の原因

種類・・・ヒドロキシルラジカル、ペルオキシナイトライト、アルコキシルラジカル

悪玉活性酸素は、老化や病気の原因となる!

タバコ、ストレス、激しい運動、紫外線、不規則な生活、食事の偏りなど現代人が抱える多くの問題から体内に悪玉の活性酸素が過剰に発生し、その強い酸化力が、各器官を細胞レベルで攻撃しています。

遺伝子も例外ではなく、悪玉活性酸素の攻撃を受けて傷つけられています。

 

悪玉活性酸素は、老化を早めるだけでなく、ガンや動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因であると考えられています。

水素は、悪玉活性酸素だけを退治する!!

 

水素は、悪玉活性酸素だけを体外へ排出!

水素は、生体活動に大切な善玉活性酸素には影響を与えず、病気の原因になったり、老化を促す悪玉活性酸素のみとくっついて、水となって体内から排出されます。

また、水素は、細胞内を自由に行き来することができます。

多くの抗酸化剤は、細胞膜に防げられ細胞内に入ることが出来ません。

水素は細胞膜を透過できますので、細胞内に入り、細胞内で悪さをする悪玉活性酸素のみ体外に排出することができます。

一般の抗酸化剤の場合・・・細胞膜から中に入れない

 

水素の場合・・・細胞膜を透過。中の悪玉活性酸素のみを退治!

 

水素は、からだにやさしく非常に優れた抗酸化剤と言えます。

 

水素水は日々発生する悪玉活性酸素を中和する!

悪玉活性酸素のみを中和する

水素を豊富に含んだこの水素水を飲むことによって々発生するからだの中の悪玉活性酸素のみを中和する!